まつげ伸びる

はじめに〜まつげが伸びるメカニズムを知ろう〜

 

 

マスカラを塗っても、まつげの本数が少ないので目元は寂しい感じになり、友達からは「なんか疲れてる?」って言われるようになってしまった私。

 

もう・・・とにかくまつげを伸ばしたい!生えるためなら何でも試すわ!

 

って最初は意気込んでいました。

 

けれどまつげに抜けやすいサイクルがあるのは知っていたので、「抜けやすい時に頑張ったって無駄でしょ?」って冷静になっている私もいたのです。

 

そこで、まつげが伸びたり抜けたりするメカニズムついてもっと詳しく調べてみることにしました!

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

まつげの毛周期について

 

 

髪の毛にもあるように、まつげにも毛周期があるってご存知でしたか?

 

お恥ずかし話、私は正直調べるまで分かりませんでした。

 

そこで、まつげの毛周期についてまとめてみました!

 

 

毛周期と呼ばれる、まつげが生えて、抜けるまでの期間には4つのステップがあります。

 

成長初期:まつげの生え始め
成長期:まつげが伸びていく
退行期:まつげの成長が止まる時期。そのまま2〜3か月
休止期:抜け落ちて、次に生えるまでの準備をする時期

 

個人差はありますが、まつげの場合1か月〜3か月ほどのサイクルで上記のステップが繰り返されていくのです。髪の毛は3〜6年の毛周期と言われているので、まつげは非常に早いサイクルなのです。

 

でもこのまつげの毛周期は、ストレスによって短くなったり長くなったりもするそうです。つくづく、ストレスって身体に悪い影響を与えるのですね!

まつげの毛周期を知っておくことのメリットは?

 

毛周期を知っているから、勝手にまつげが生えてくるというわけではないので、予備知識として頭に入れておく程度で良いと思います。私は、毛周期があるってことをきちんと知っておいて良かったなぁと思っています。

 

なぜなら、精神安定剤のような役割をしてくれたからです。私はまつげの抜けにとても敏感になっていたので、1本まつげが抜けただけで一喜一憂していました。ちょっと神経質になっていたのも事実です。

 

でも、まつげの毛周期のことを知ってからは、「まつげには寿命があるから抜けるのは仕方ない!少しでも寿命の長いまつげにしよう。」とプラスの考え方に変えることが出来たのです。

 

けれど、この毛周期にとても敏感な方もいます。それは、まつげエクステの施術者です。

 

だって、もうすぐ抜け落ちるようなまつげに付けては、すぐ抜け落ちてしまうのでお客様から文句を言われかねないですからね!

 

まつげを伸ばすための努力は、1日2日で終わるようなことではありません。

 

「敵を制すには、敵を知れ!」ということわざがあるように、「まつげを生やしたいのなら、まつげのことを知れ!」と言った感じでしょうかね。