マスカラ美容液

まつげへのダメージを押さえるための必需品!マスカラ美容液

 

私のまつげの悩みは、「切れる・抜ける・少ない」です。あれ?悩みのオンパレードと言っても良いくらいですね。

 

まつげに負荷をかけているのは、間違いなく毎日の化粧だと自覚はしているのですが、アラサ―となりスッピンで外出する勇気はもはやありません!

 

 

20代前半は化粧が薄くても、「ナチュラルメイクで可愛いね。」となったのですが、30代になると、化粧が薄いと年齢がばっちり顔に出てしまうようになりました。

 

ですから、まつげに負担がかかっているという事は頭で理解していても、マスカラの2度塗り3度塗りが止められないのです。

 

そんな時に、妹がマスカラの前に何かをまつげに塗っているのを目撃!

 

それが「マスカラ美容液」でした。

 

妹が大絶賛していたので、その効果を信じてはいましたが、念のためマスカラ美容液についてちょっと調べてみましたよ。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

マスカラ美容液とは?

 

マスカラ美容液は、別名まつげ下地とも言います。

 

簡単に言いますと、マスカラからまつげを守ってくれるものです。使い方は、マスカラを塗る前にまつげに塗り、保護膜を作った上でマスカラを塗ります。

 

マスカラ美容液にもさまざまな色があって、無色透明・白・黒などが販売されています。妹は、朝の忙しい時間に使いやすいようにと、マスカラと同じ色の黒を使っていました。

 

効果1:まつげに直接負担がかからない

 

まつげは髪の毛に比べて細くて短いので、ダメージに弱い部分です。「あ、ビューラーを強くしすぎたかな?」と思った頃には、もう抜けているなんていつもの事・・・。

 

当然、マスカラの科学的な成分や繊維が、直接まつげのキューティクルを覆ってしまうと人間と同じように、まつげも呼吸が出来ない状態になってしまいます。

 

そこで、マスカラ美容液で保護膜を作ってあげることで、まつげとマスカラの間に隙間が出来るのです。また、マスカラ美容液に含まれている美容成分がまつげに染み込んで、ダメージを軽減してくれるというわけです。

 

効果2:クレンジングしやすい!

 

マスカラ美容液の嬉しい効果は、クレンジングの時にも発揮されます。

 

何度もマスカラを重ね塗りしたまつげは、まるでひじきのようにカッピカピ・・・。

 

クレンジングオイルで丁寧に落としたと思っても、洗顔後の顔にはまだまだマスカラが残っていることもありますよね?

 

 

でも、マスカラ美容液を塗っておけば、まつげに直接マスカラがこびりついていないので、割と簡単に落とすことが出来るのです。

 

 

色々調べて見て、「これは使わないほうが損だ!」と思った私は、ただいま5本目に突入したマスカラ美容液のリピーターです。

 

フサフサまつげになりたいのなら、育てる事だけでなく、守る事も大切なのですね〜。