まつげ伸ばす

今すぐ出来る!グングンまつげを伸ばすための3つのポイント

 

ちょっと恥ずかしいのですが、「若い子は、つけまつげやまつげエクステが気軽に出来ていいなぁ〜」と思う時が正直あります。だって、抜けて少なくなってしまってもごまかせるじゃないですか?

 

私だって、10年前はつけまつげをしていましたよ。でも、30代に突入して化粧の方法も変わってきましたし、「つけまもそろそろ卒業かなぁ」と思ってからは頼るのは自分のまつげのみにしました!

 

まつげには毛周期があるので、何もしなくても生えてきます。でも、私が目指しているのは「グングンまつげを伸ばす事」です。

 

色々調べていくと、それには大きく分けて3つのポイントがあることが分かりました。早速、ご紹介します!

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

まつげの栄養分となる食品を摂る

 

 

まつげや髪の毛のもととなる「ケラチン」という成分をご存知ですか?

 

ケラチンとは、18種類のアミノ酸が結合して構成されるたんぱく質の事を言います。

 

つまりまつげをグングン伸ばすには、良質のタンパク質を摂ることが重要なのです。

 

タンパク質は、肉や魚、卵、大豆類などに多く含まれています。よって、まつげの為にも積極的に摂りたい食品ですね。

 

まつげが伸びる時間帯に寝る

 

 

睡眠の黄金時間って聞いたことありますか?

 

22時〜深夜2時までの時間のことを言います。

 

昔から「この時間帯に寝ると身長が伸びる」「美肌になれる」と言われていますよね。

 

 

成長ホルモンがたくさん分泌される黄金時間が、もちろんまつげの発育にも良い影響を与えることは間違いありません。

 

寝るだけでぐんぐん伸びてくれるのであれば、いくらでも寝ますよね!

 

まつげに刺激を与えない

 

簡単に言えば、メイクオフの時間を増やすという事です。肌と一緒で、まつげもずっとマスカラを塗った状態では呼吸が出来ません。

 

私の場合ですが、「なんか、まつげが切れるなぁ・・・。」と思ったら、アイラインを濃いめにして、マスカラは塗らないでメガネで誤魔化すようにしています。

 

仕事の関係上、バッチリメイクにしなければいけない時もありますが、出来るだけメイクオフの時間を作って、まつげへの負担を減らすようにしています。

 

化粧をするたびに絶対しなければいけないクレンジングも、結構負担になるんですよね。

 

とにかくグングンまつげを伸ばすポイントは、出来るだけ刺激与えないことなのです!

 

以上、「グングンまつげを伸ばすための3つのポイント」と題してお送りしましたが、いかがでしたか?どれもお金を掛けずに、今すぐできる方法だったと思います。

 

まつげを伸ばそうとこの3つのポイントを守っていると、自然と規則正しい生活になって体調や肌の調子も良くなってきますよ。